Chapter: Scientists

by fulusu

supported by
/
  • Includes high-quality download in MP3, FLAC and more. Paying supporters also get unlimited streaming via the free Bandcamp app.

     name your price

     

1.
03:38
2.
01:26
3.
04:04
4.
04:51

credits

released August 28, 2016

tags

license

all rights reserved

feeds

feeds for this album, this artist

about

fulusu Tokyo, Japan

contact / help

Contact fulusu

Streaming and
Download help

Redeem code

Track Name: serum
still you are sleeping in my bed.
but i can't falling asleep yet.

"tell me the truth."
"please do not waste my time."
"look around. is this truth?"
it was too late to withdraw.

i'll tell you watch you want.
an empty mind decideds the way of mine.
look like infant laugh.
opened your eyes was like a serum.

you should realize that you are mine.
i should realize that you are not here.
you know that?
Track Name: embryocardia
招待状は星が鳴く藍空
「綺麗だね」って小さく溢して俯いた
君の思い出も僕の後悔も
空に返さないとな 免れないかな

でも君はそうは思わないか

銀世界の中で心臓を止めて目を閉じる
擬態した暗い夜の一部になるように
Track Name: park
手のひらに砂
とうにすり落ち
雨になって街を濡らす
きっとこの下深い地下で
目を塞いで何か恐れてる

紫になってく
片手に何か持っていたよね?

喉の奥の方から込み上げて来る
「ここから逃げよう」でも身体が動かない

彼の大義は錆び付いていてかろうじて形を保ってる
きっと君もそう、長い時間の中でずっとその日を待ってる

足りない足りない
まだ何も見てない
「暗くなるよ」
Track Name: diaphragm
夜空滲む視界
湿った空中 嗚咽の音
街は表情を変えず
静かにあなたを照らす

目を閉じて居れば全てが
終わりに帰ると信じた君は
見たくなくても知りたくなくても
目をそらしはしなかった

単純な僕の思考じゃ
計り知れないほどの悲しみを
窮屈な心臓に住まわせ
「痛い」って泣き出したって
知らないから 知らないから

言葉にすればそれまでのこと
形を留めていられなくなってしまって
泣きたくなくても思い出したくなくても
頭を離れなかった

9回目の夜に 知った物語
重なる記憶と消えてく思い出
そのどちらも失ってしまった様な こんな
もうだめだ

ねえ 戻って ねえ 崩して
私を粉々にして
少し笑って大丈夫って頬をなでて

あなたの中で
計り知れないほどの悲しみを
全部食い尽くして吐き出さぬ様に
「痛い」って泣き出したって
知らないから 知らないから

8月の雨にあなたが濡れる様に
悔しい思い出に涙が出る様に
産まれてきたことも忘れてしまう様に
当たり前のことって気づけますように